使える!オーガニックコスメ活用法:フランス生まれのオーガニックコスメ

日本ではオーガニック食品については厳格な規定があるのですが、コスメに関しては基準がありません。
オーガニックコスメの前提は、有機栽培された植物を使用して作られたものと考えることが出来ます。
精製するのに手間や時間がかかるため、値段が高くなってしまう傾向にあります。
一方フランスでは、ECOCERT(エコサート)という国際有機認定機関があり、1991年に農学者の団体によって設立されました。
ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準に達しているかを厳しく審査したり、認定を行っている第三者機関になります。
フランスの団体なので、フランスのオーガニックコスメの基準ともいえる組織ですが、世界基準とも言われています。
つまりECOCERTの認証マークのついているコスメは、厳しい基準をクリアした信頼のおける製品であるということが言えます。
ECOCERTの認証には2つのラベルが存在しています。
COSMEECO(コスメエコ)というラベルと、それよりもさらに厳格なCOSMEBIO(コスメビオ)という2つのラベルが存在しています。
COSMEECO(コスメエコ)の基準は、完成品の95パーセントが自然の原料であること、完成品の5パーセントは化学原料を含んでいても良いこと、完成品の5パーセントはオーガニックでなければならないこと、植物原料の50パーセントはオーガニックでなければならないこと、化学香料は使用不可であることとなっています。
COSMEBIO(コスメビオ)の基準は、完成品の95パーセントが自然原料であること、完成品の5パーセントは化学原料でも良いこと、完成品の10パーセントはオーガニックでなければならないこと、植物原料の95パーセントはオーガニックでなければならないこと、化学香料は使用不可であるということになっています。
日本で作られた製品でのフランスで認定された製品も存在していますので、そういうものを厳選して使用したいものです。